◎Void2111とは

Void とは「宇宙の大規模構造」・・太陽系をはるかに超え、銀河団や超銀河団をも内包する宇宙の深淵空間を意味する。

すでに次元上昇が始まっている現在、当Starseed覚醒ワークでは、言葉ではなく、音を使って参加者の振動数を上昇させるワークをしています。

具体的には、高次元の存在からウォークインを受けている鈴木がチャネリングを通じて制作した音楽を使い、その音に込められた高次元の振動を参加者の霊的ボディにぶつけることで、高い振動数の共振を起こす内容になっています。

特にこの11月は、豊かさの象徴であるおうし座が満月を迎えるばかりでなく、そのおうし座から多数の流星が飛来してくる特別な月でもあります。そのため今回は鈴木から高次元にアプローチをして制作した音楽ではなく、Void側から鈴木がアプローチを受けて制作した音楽を使い、飛来してくるその「豊かさ」をよりキャッチしやすいようになるワークとします。

2021年に出来上がったこの曲は従来の音楽とは少しかけ離れた概念の音になっていますが、その分3次元的思い込みを破壊し、宇宙の深淵空間から送られてきた波動に乗って高次元への上昇・そのエネルギーの受け取りを加速します。

米国防省がUFO(UAP)に関する報告書を米議会に提出し、機密情報隔離施設にて民主党・共和党の一部の委員に驚くべき内容の極秘説明会が行われる時代になった今、Starseedはもはや空想の存在ではありません。

自分がStarseedであることを認め、宇宙深淵からのアプローチを受け入れることで、私達Starseedは次の次元へと進化を果たすことがより加速されていくのです。



日程表とご案内に戻る▷